東京奥多摩「氷川キャンプ場」紹介。ソロキャンプにおすすめ。

f:id:wane-hiro:20200305211604j:image

東京都で自然を満喫できるキャンプ場。

奥多摩にある氷川キャンプ場に行ってきました。

東京都を横串にするJR線の西側の最終駅奥多摩駅から歩いて数分にあるキャンプ場。
電車で行ける利便性がありながらも、駅を降りるとそこは山に囲まれた空気が気持ちいい土地。

大きなザックを背負って駅からキャンプ場の方へ歩いている人がチラホラいます。
電車で行けるキャンプ場は数少ないですよね。

自然が満載の場所ですが、一応奥多摩町の中心地にあるので、温泉やちょっとしたお店もありますし地ビールやカフェなんかも。

楽しむオプションがいくつかあるのもメリットなキャンプ場でした。

東京都は思えないところにある氷川キャンプ場の解説をしていきたいと思います。

目次

こんなキャンプ場

東京都とはいえど奥多摩は山に囲まれた緑豊かなところで、

多摩川の源流が流れていて水もきれいなところ。

f:id:wane-hiro:20200305213331j:image

その多摩川の川沿いにあるキャンプ場です。

コテージやログハウスが結構多く、テントサイトはそれほど広くありませんが、河原にテントを張れるのでロケーションはまずまずでした。

しかし!キャンプ場が谷の形状をしている斜面にあり、しかも車でサイトまで降りることができないので、テントサイトまで荷物を運搬するのがめっちゃ大変。

f:id:wane-hiro:20200305212051j:image

急斜面を何往復かして、やっと荷物をおろしました。

カートがあっても斜面なので、苦労すると思います。

JR青梅線の終点奥多摩駅から歩いて5分ほどの場所で、奥多摩町の中心地にあるといったキャンプ場です。

f:id:wane-hiro:20200305214056j:image

中心地といってもちょっとしたお店くらいしかありませんが・・・。

(おみやげ屋と小さなコンビニくらいはあります)

とはいえ、アクセスがいいキャンプ場です。

車がなくても電車で行けて駅からも歩いて数分のキャンプ場ってなかなかないのでは?

キャンプ場でテントなどのキャンプ用品の貸し出しもやってるので、リュックひとつで気軽に行くことができます。

ソロキャンプを始めてみたい人にいいキャンプ場と言えそうです。

ソロキャンプではないにしても、荷物の運搬が結構きついので、あれもこれも道具を持っていくよりも、厳選して軽量ギアのキャンプがいいかもしれません。

車だと新宿から2時間30分程です。

近くに「もえぎの湯」という歩いていける温泉もあります。

アウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

キャンプ場情報 

  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
  • 電話:0428-83-2134
  • チェックイン:(テントサイト)8:30。(バンガロー)14:00
  • チェックアウト:10:00
  • 利用期間:通年
  • ホームページ:https://www.okutamas.co.jp/hikawa/

昔ながらのキャンプ場で、古めのバンガローやコテージも多くあります。

サイト情報

テントサイトはフリーサイトで河原沿いのエリアです。

スペースはあまり広くなく、キャンプ場の案内には50張りのスペースとあります。

大型のテントを張っている人は少なく、ソロや数人の小規模なキャンプスタイルの人が多い印象。

f:id:wane-hiro:20200305212241j:image

アクセス

圏央道、日の出IC(もしくは青梅IC)から約30km、車で1時間弱。

料金

料金体系はシンプルです。

項目料金
テントサイト利用料一人¥1,000
バンガロー利用料一棟¥5,000〜
駐車料金・普通車 1日あたり¥700(一泊だと¥1,400)
・バイク 1日あたり¥300(一泊だと¥600)

*駐車場はキャンプ場の隣にある町営の駐車場を利用することになります。

f:id:wane-hiro:20200305214644j:image

設備

【水場】

キャンプ場内に数カ所にあるので、不便ないです。

f:id:wane-hiro:20200305213933j:image

【トイレ】

トイレは少なめですが不便ないです。

トイレは水洗です。すごくキレイといった感じではありません。

まぁ普通な感じです。

f:id:wane-hiro:20200305212415j:image
f:id:wane-hiro:20200305212423j:image
f:id:wane-hiro:20200305212420j:image

【管理棟】

キャンプ場入口にあり、受付を済まして入場。

受付の人は業務的な印象でしたのであまり融通をきかせたりはくれなさそう。

f:id:wane-hiro:20200305213830j:image

隣接の売店で販売していたもの。

薪、炭、バーベキュー道具、ビールなど。

f:id:wane-hiro:20200305212450j:image
f:id:wane-hiro:20200305212446j:image

【もえぎの湯情報】

  • 営業時間:10:0020:0012月~3月は19:00まで)
  • 入浴料:大人¥850、小人¥450
  • 定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
  • 場所:キャンプ場から徒歩7分ほど

【カフェクアラ】

f:id:wane-hiro:20200305214009j:image

キャンプ場内にカフェがあります。

キャンプ用品のレンタルはこのカフェで行なっています。

テント、タープ、テーブル、イスなどレンタル可能です。

手ぶらキャンプも可能ですね。

 ロケーション

ロケーションは谷のような地形になっていて、

底を流れる多摩川ほとりなので、まずまずの景観です。

緑に囲まれた落ち着く雰囲気あり

川の水もきれいで夏場であれば川遊びも気持ちよさそう。

f:id:wane-hiro:20200305214329j:image
f:id:wane-hiro:20200305214325j:image

ただ、町の中ということもあり、谷を見上げると民家や電線が見えてしまうところが残念なところ。

f:id:wane-hiro:20200305213235j:image

まぁ、電車で来ることができるような場所なので、しょうがないと割り切るしかないですね。

朝の太陽が顔を出すまでの空気が締まった感じがとても清々しく気持ちよかったです。

ここも東京なのかぁといった感想が漏れました。

グラウンド状態

サイトが河原なので、石や砂利です。

川に近いところは大きめの石があったりしてテントを張る場所を選びます。

少し高台になっている場所は整地されていて平らになっています。

地面が砂利なのでペグの保持力は弱め

大きめの石を重しにしてペグの上に乗せたり、

石自体に張り綱をかけたり工夫が必要かもしれないですね。

ゴミ捨て

ゴミ捨て場があります。

分別してゴミステーションへ。

f:id:wane-hiro:20200305213405j:image

焚き火

河原サイトで直火の焚き火ができます。

直火の焚き火ができるキャンプ場が減ってきていますので、貴重なキャンプ場ですね。

河原のキャンプ場は比較的オッケーな場所が多いですね。

地面にくすぶった燃えかすがあるかもしれないので、

特に子供がいる場合は注意が必要かもしれません。

キャンプしてみて気になった7点

1. キャンプ場が急斜面にあるので荷物の運搬がキツイ
《→不要なものは持っていかないようにする。》

2. 奥多摩の中心街のはずだが、買い物ができる場所があまりない。
《→事前に用意していく。お酒や菓子類程度なら徒歩圏内で調達可能。》

3. チェックアウトが10:00なので朝の撤収が忙しくなる。

《→10:00以降は日帰り料金(¥600)を払えば延長可能。》

4. 22:00を過ぎると警備員さんが消灯時間だと見回りに来る。

《→怒られるのかと思ったが「22時回ったのでお静かにお願いしますね」程度だったのでホッとした。周りに民家があるので致しかたなしか。》

5. 電車で来ることができる手軽さからか、若い学生さんの集団がいたりすると、騒がしいことがある。

《→ 若気の至りもあるだろうから広い心を持つことも大事?》

6. 薪、炭の持ち込みが禁止されている。(ペットも禁止)

《→薪と炭の持ち込み禁止のキャンプ場は珍しい。キャンプ場で購入するしかない。薪が¥600/炭が¥1200。結構高い・・・。》

7. テントサイトは予約ができない。繁忙期は朝早々に定員に達して受付を締め切ることもある。

《→キャンプ場に事前に混み具合を確認して、時期によっては朝早くキャンプ場に入る必要がある。》

アウトドアアクティビティ

登山

奥多摩には登山ができる山がたくさんあります。

奥多摩駅から出ているバスに乗れば、周辺の山へアクセスできます。

氷川キャンプ場をベースキャンプ地にして、登山をして回ることも楽しそうです。

釣り

周辺に釣堀があり、ニジマスやヤマメを釣ってキャンプ飯にするのもオススメ。

〈氷川国際ます釣り場〉

キャンプ場の少し上流で多摩川に流れ込んでいる、日原川を利用した釣堀です。

キャンプ場から徒歩11分(約0.9km)

〈釣堀カフェ二見〉

人工池になっているので小さな子供でも安心して楽しめる釣堀です。

キャンプ場から徒歩20分 (約1.4km)

カヌー体験

奥多摩ではカヌーやカヤックの体験もできます。

〈奥多摩カヌーセンター〉

〈奥多摩カヤックスクールフェリーグライド〉

 奥多摩の気温

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均気温( °C)1.31.8510.615.118.52223.219.513.88.53.8
最高気温( °C)6.77.110.316.320.52326.828.223.918.413.89.3
最低気温( °C)-2.7-2.30.65.610.514.818.719.716.310.34.6-0.1

周辺情報

 《コンビニ》

  • タイムズマート氷川店  キャンプ場から500m

《温泉》

  • もえぎの湯 キャンプ場から500m

《奥多摩地ビール》

  • Beer Cafe VERTERE キャンプ場から300m

 古民家を利用した店舗でゆっくりビールを楽しめます。

オススメです。

最後に

電車と徒歩で行けるキャンプ場はなかなかないのではないでしょうか。

東京の利点でしょうか。

ところが、ここは東京なのかと思えるくらい山や川の自然に囲まれ、空気が新鮮な場所でした。

利便性がある反面、生活感が感じられてしまう場所ですが、その部分は致し方ないですね。

どこに重きを置くかは個人の好みの部分なわけで。

川遊びや、アウトドアアクティビティもたくさんあるので、

その気になれば色々動いて楽しめるキャンプ場だと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる