【購入レビュー!】Anker Soundcore Mini3をMiniから買い換えて大正解!

f:id:wane-hiro:20211116180034j:image

Anker Soundcore Mini3なかなかいいです。満足しています。

旧型のMiniから買い換えましたので、レビューを含めての所感になります。

スピーカのレビューと言っても、ぶっちゃけ音質だとかはほとんどこだわりがない、

そういう用途の場面で使っています。ていうか音のことで細かいことはよく分かりません・・・。

スマホやタブレットのスピーカーよりも、ちょっと音量がほしいとか、もう少し力ある音が欲しいというのに使えるスピーカーだと思います。

Soundcore Miniを使っていましたが、Mini3に変えて正解でした。

目次

Soundcore Mini3のスペック(Miniとの比較)

 Soundcore MiniSoundcore Mini3
サイズ67×67×67 mm72×72×84 mm
重さ約215g約230g
連続再生時間約15時間約15時間
防水規格IPX7
Soundcoreアプリ対応対応
イコライザー設定対応
価格(税込み)¥2,399¥3,990

Soundcore Mini3の特徴

下記項目について見ていきたいと思います

  • サイズについて
  • 防水仕様になった
  • USB-Cポート仕様になった
  • イコライザ設定が可能になった
  • Bluetooth5が搭載されている

サイズについて

Soundcore Miniからサイズは少し大きくなっています。

比べてみると一回り大きくなっていますね。

ですがSoundcore Mini3のサイズでもドリンクホルダーに入るサイズです。

車で使っているのでドリンクホルダーに入るのは必須の条件でした。

ジャストサイズ。

すっぽりハマってしまいますが、ストラップがあるので取り出しも問題ありません。

f:id:wane-hiro:20211116180139j:image

ちなみに車の中で充電コードを指して、給電させながら使う場合は、このようなドリンクホルダーを付けるといいですよ。
コードを指しながら使えます。

防水仕様になった

Soundcore Miniにはなかった防水機能がついています。IPX7という規格の防水性能があるので、お風呂や河原などアウトドアの場面でも安心して使用できます。

USB type-Cのポートには水の侵入を防ぐためだと思いますが、ゴムの蓋がついています。

防水規格

防水規格保護の程度
IPX7一時的(30分)に一定水深(1m)の
条件に水没しても内部に浸水しない
IPX6あらゆる方向からの強い噴流水による
有害な影響がない
IPX5あらゆる方向からの噴流水による
有害な影響がいない
IPX4あらゆる方向からの飛沫による
有害な影響がない

Mini3はIPX7ということなので、うっかり水中に落としてしまっても大丈夫な程度の防水性能があります。

USB-Cポート仕様になった

Soundcore MiniではポートがMicro USBだったものがMini3ではUSB-Cになりました。

イコライザ設定が可能になった

Soundcoreアプリに対応になりました。アプリから音質のカスタマイズが可能となったので、自分の好みに合わせて調整ができます。高音を強調したり、低音を強調したりできます。

Bluetooth5が搭載されている

この点が一番Soundcore Mini3へ変更して良かった点です。

以前のMiniはBluetooth4.2だった為だと思いますが、遅延がかなりありました。

音楽やラジオを聞いている分には何ら問題ありませんでしたが、動画を見る場合は画像と音のズレがひどくて見るに堪えないものでした。

それがSoundcore Mini3にしたところ、音のズレはほぼなくなり、ユーチューブの動画などを視聴する際にも、めちゃくちゃ使えるようになりました。

これだけでも買い換えた価値があると感じています。

価格について(Amazon、公式HP価格)

価格は¥3,990です。いまだに販売しているSoundcore Miniが¥2,399なので、それに比べるとちょっと高いなと思うかもしれません。価格差にして¥1,591。ただ、¥3,990、このスピーカーにしてこの価格は十分安いと思います。Soundcore Miniが安すぎるだけです。

(楽天やヤフーショッピングだとちょっと高くなってます)

音質はどう?

音質については専門的なことは全く分かりませんが、「普通にいいでしょ?」と自信なくではありますが、言わせていただきたいです。

スマホやタブレットのスピーカーよりめっちゃ迫力ある音が聞けます。

低音の重み、みたいなのは十分感じられます。なんならテーブルの天板の上で鳴らすと、天板がズン、ズン、と振動しているのがわかります。Miniもそれなりに迫力ある音が聞けていましたが、Mini3のほうがより重低音が増しています。
高額なスピーカーに比べれば、それはそれなりの音なのでしょうが、個人的には動画を見たり音楽のながら視聴だったり、ラジオでの使用なので、音質についてはコレで十分満足しています

少し昔だと¥5,000以下のスピーカーなんてシャカシャカと音がなっているだけのようなものだったので、コスパは本当に良くなったと思いますよ。

ペアリングの方法

ペアリングの方法

①本体の電源を入れてから、Bluetoothボタンを押す

(本体から音が鳴ってペアリング状態になる)

②スマホなど接続する機器のBluetooth接続画面からSoundcore Mini3を選択

(本体から音がなるとペアリング完了)

ペアリングしている機器を他の機器に変える場合

①ペアリングされている機器のBluetooth接続を解除する

②本体のBluetoothボタンを押す

(本体から音が鳴ってペアリング状態になる)

③接続する機器のBluetooth接続画面からSoundcore Mini3を選択

(本体から音がなるとペアリング完了)

Soundcore Mini3へMiniから変更した理由

先程も書いてますが、Bluetoothの音の遅延の改善期待で買い換えました。

Miniでも満足していたのですが、やはり最近パソコンやタブレットで動画を見ることが多くなったことが大きいです。タブレットの機器自体の音量が小さかったり、You Tubeで音楽の動画を流す時に少し迫力ある感じで聞きたい時にBluetoothスピーカーに接続しています。そこで、旧型のMiniの音の遅延はちょっと耐え難かったんですよね。動画での使用はちょっと無理でした。

アマゾンのレビューを見ているとMini3でも音の遅延がひどいというコメントもありますが、僕はそのようには感じません。厳密には多少ズレが有るのかもしれませんが、Miniのときと比べれば、音ズレはないに等しく感じます。それか本体の個体差があるのかもしれませんが・・・。

音量はどうか

個人や数人で囲んで使用するには問題ない音量だと思います。

あまり大きな範囲を鳴らすにはそれはパワー不足は否めないと思います。

ただ野外でもそれなりの範囲内での使用であれば使える印象です。

このサイズでこのお値段ですから、個人的には十分だと思っています。

最後に

当然ですが本格的に音楽を楽しみたいというのであれば、もっとスペックの高いスピーカーにするべきでしょう。おまけのようなスピーカーからちょっと満足度を上げたいという場合にうってつけだと思います。サイズが小さくて持ち運びにもいいですし、防水性もあるのでキャンプなんかアウトドアレジャーでも重宝できる代物だと思います。

値段が値段なのであまり気を使って使う必要もないので、使用場面が多く活躍しています。

耐久性はまだ分かりませんが、機能面的には当分使っていけそうです。

旧型のSoundcore Miniもまだ併売されていて金額的にはMini3はちょっとお高めですが、個人的には音の迫力と音ズレの面でMini3の方がおすすめです。

旧型のSoundcore Miniはラジオ(ラジコ)専用でまだ使いますけどね。

Soundcore Mini3

値段重視なら旧型のSoundcore Mini

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる