【自由な働き方】アマゾンフレックスなど個人配送ドライバーとして無理なく生きる方法

なんで会社で働いているんだろう。なんで会社で働かなきゃならないんだろう。
そんなことをふっと考えてしまったら、もう後戻りできないのかもしれません。

別に会社で働かなくてもいいんじゃない?

自由に働く価値観を持っている人は増えていて、フリーランスで働く人も増えてます

始めるのにハードルが低く、車さえ用意できればスタートできる個人配送業
プログラミングなどの特別なスキルも必要ないですし、自由に働くという選択をする場合。まず取っ掛かりとして始めやすい個人事業です。

そうは言っても、会社で働かないと安定がないし、リスクがあるのは不安だよ。

会社で働いてたってリスクあるわ!
大手企業だってよく早期退職者を募って辞めてくれって言ってるし、終身雇用なんてもはや終わってるよ。

何をリスクとして重視するのかは個人の考え方次第ですが、会社に定年まで勤め上げるということは当たり前でなくなってきていることは確かなことです。

この記事でわかること
  • 軽バン一つで自由に働く方法
  • 初期費用がなくても車を手に入れるリースという方法
目次

個人で働くという選択

会社で働くことは安定という神話が疑わしくなってきた昨今、気づいている人は気がついています。

会社で働くことのメリットがなくなってきているんじゃないか。

だったら個人で働くことで、より自由に時間を使うことができて、稼ぐことも自分で強弱をつけることができる
そのほうが、より幸せに生きることが出来るんじゃないかと思うのは当然だと思います。

子育てや親の介護に時間を費やさなかったりする人もいると思います。
今を生きるために必要最低限稼げればよいと考える人もいると思います。

時間とお金のバランスを自分でコントロール出来る働き方を魅力的に思う人は増えていますし、スマホなどの通信技術の発達によって個人で働ける環境が整ってきています。

生活コストを上げすぎなければ、この日本において生活できないということはないのですから、嫌々会社で拘束されて、ストレスを溜め込む必要はないのです。

我慢しながら働くのは当たり前なのか

雇われているのは自分の時間を切り売りしている

会社員は毎日同じ時間に会社に行って定時まで仕事をこなします。誰も疑問に思わず、毎日我慢して給料の為に働くのが常識ある社会人でした。

好きな時に休憩したり、ちょっと昼寝したり、あいま時間にコーヒータイムなんてことは、大抵の会社ではできません。
それは働く環境が誰か(会社)に雇われているからです。
自分の時間を会社に売っているのだから勝手なことなんてできません。

つまり他人の時間を生きなければいけないのですから、疲れるしストレスを感じる人が多いと思います。
手があいたとしても暇にしている態度なんてとれるわけもなく、仕事しているフリをしなければいけないなんてこともストレスに繋がっているかもしれません。

個人で自由に働く

会社で働く場合に比べて、個人で働く場合は自由です
好きな時間に休憩を取れます。ラジオを聴きながらでも仕事ができるかもしれないですし、定時なんてないので仕事を終えてさえしまえば帰宅できます。

仕事をこなす責任は当然ありますが、それができるのであれば誰に何を言われることも基本的にはありません。働いた分だけが収入になるのですからいたってシンプルです

でも安定がないんじゃ・・・

確かに不安定なところはあるかもしれません。
しかし、以前勤めていた会社で従業員の20%を削減する早期退職が最近実施されました。
安定とは果たして信頼しうるものなのか疑問に思います

個人配送ドライバーという働き方

個人で働くというと、特別なスキルだったり資格が必要と思うかもしれませんが、個人配送のドライバーであれば必要なものは荷物を運ぶ軽自動車と車の免許くらい。それとスマホ。

人手不足の物流業界

配送関係の仕事は人手不足が慢性化しています。ネットで買い物をする機会は年々増えていますし、コロナが社会構造を変えてしまったこともあり新たな利用者も増えています。

コロナによる緊急事態宣言が初めて出された2020年4月あたりから、ネットショッピングの利用状況がより増えています。

ネットショッピングの利用世帯は年々増えています。
特にコロナによって増加スピードが加速しています。
最初に緊急事態宣言が出されたのが2020年4月です。下記のグラフを見てみても利用世帯が増加がしているのが分かります。

出典:総務省統計局ホームページ

また、世帯数の増加とともに支出額も毎年増えています。

出典:総務省統計局ホームページ


コロナ禍によってよりネットショッピングの利用が当たり前になって来ているのが現状です。今までネットショッピングに距離を置いていた高齢者の利用も増えていて、一度便利な体験をしてしまったら利用するハードルが下がるので今後も利用することになるでしょう。これはもう時代の変化が見て取れます。

なので、まだまだ配送の仕事は需要が見込まれます。
運送業の会社に入るのも一つの手ですが、アマゾンフレックスのように、Amazonから直接配送の仕事の依頼を受けて働く方法もあります。企業から仕事を請け負って働く、れっきとした個人事業主です

自分自身で仕事を選んで、時間的な配分や仕事量をコントロールすることが可能なので、自由に働くことができます。
もちろん収入的な安定や会社だったら面倒を見てもらえる福利厚生のようなものはありませんが、自分自身が何を重視して生活していくかが重要です

会社で働くメリットを重視するか、個人で働く自由を重視するか、その選択は必要ですね。

個人配送ドライバーとして働くのに必要な準備

個人で仕事や商売を始めたりする場合初期費用がどうしてもかかってきます。
事務所やお店を開設するには家賃が必要ですし、備品を揃えるにも相当資金がかかってきます。
それは当然リスクを背負うことになります。つまり計画性、なおかつある程度事業の見込みも必要です。

ですが、配送の業務委託の仕事であれば、資金面での初期の負担のハードルはかなり低く始めることができます。

車(軽自動車のバン)さえあれば始めることができます。

Amazonの配送委託(アマゾンフレックス)で言えば、Amazonの配送の仕事をまわしてもらえるので、仕事を探す営業活動は不要ですし、アマゾンフレックスのページでは月44万円以上稼ぐことも可能となっています。

車(軽自動車のバン)は必須になる

個人事業主になるということは、必要なツールは自分で用意するのが基本です。誰かが仕事道具から段取りまで用意してくれるような状態は、それはつまり誰かに雇われて仕事をすることになりますよね。自分自身で自由に、誰かから細かな指図を受けずに仕事をするということは、それなりの責任を負うことは当然です。
なので車は自分自身で用意する必要性があります。

黒ナンバー登録(の車)が必要

黒いプレートに黄色の文字で書かれている軽自動車のナンバーが黒ナンバーです。
運送の仕事を請け負うには貨物運送事業の登録をした車でなければいけません

黒ナンバーを取得するには、その前段階として貨物登録の車でなければいけません。

バンタイプの軽自動車になります。
いわゆる軽バンと言われている車になります。
条件が揃っていれば運輸支局と軽自動車検査協会で手続きすることになります。

軽バンを用意する

軽バンは新車で購入すると最低でも100万円はします。

代表的な軽バン

  • 【スズキ】エブリィ、
  • 【ダイハツ】ハイゼットカーゴ、
  • 【ホンダ】N-VAN

もちろん中古車で手に入れる方法はありますが、仕事で使える車なので中古車でもなかなか値が落ちにくい種類の車になります。

ローンを組んで購入する

現金一括払いで車を購入できない場合ローンを組んで購入します。購入金額を借り入れて、毎月返済していくという方法です。ただ、ローンの場合も頭金が必要だったり審査に通るかという問題もあります。

リースという方法

初期費用としてまとまったお金を用意できない場合、リースという手段もあります。
リースになると車の所有はリース会社になり、月々の費用を支払って車を借りるという形になります
言ってみれば毎月車の使用権が得られる定額のサブスクリプションサービスのようなものです。

リース料金の中には任意保険代も含まれていたりするので、車に関わる維持費などが月々の料金にコミコミになっていたりします。なので余計な出費を考える必要がないのがメリットです。
リース期間やサービスの内容によって値段は変わってきますが、月々2万円程からでもリース可能なものがあります。

またリースの利点として、月々のリース料金は全額費用計上できるので、費用精算が簡単でわかりやすいです。個人事業主として車を購入した場合、費用計上する上で減価償却のような少々複雑な計算が必要になってきます。

個人配送ドライバーのに特化したカーリースの会社【GMSリース】

リース会社はいくつもありますが、個人配送のドライバー向けに車をリースしている会社もあります。
GMSリースはアマゾンフレックスなどの個人配送を目指すドライバー向けに車をリースしています

GMSリースの強み
  • 業界最安級のリース料
  • 審査承認率98%
  • 黒ナンバー登録を無料で代行

業界最安級のリース料

中古車3年プランだと月々¥39,600〜
新車4年プランだと月々¥53,460〜
このリース料金には自賠責保険や任意保険の保険料も込みの値段になっています

審査承認率が98%

リースを利用するにもローンを利用するにも審査に通らないと話が始まりません。
一般的に審査には年収や、クレジットカードの支払いの滞納がないかなど債務の履歴も影響してきます。

GMSリースの審査承認率の高さには理由があります。

GMSリースの審査承認率が高い理由

自社開発のデバイスを車に装着することで「エンジンの遠隔起動制御」「位置情報の把握」ができるようにしています。その技術によって与信を補強、つまりドライバーさんの行動が可視化できることによって信用を新たに作り出す仕組みで審査が通りやすくなっています。

他にはない新たな

もし、他の会社でリースやローンの審査が通らなかった場合などでも、GMSリースで試してみる価値はあると思います。

黒ナンバー登録を無料で代行してくれる

黒ナンバーを取得するには運輸支局へ届け出をして書類を受け取り、軽自動車検査協会へ行ってナンバープレートを申請します。書類の作成や申請を代行して行ってくれるので、安心して黒ナンバー取得ができます。

仕事を始める上でのサポートも行ってもらえる

GMSカーリースは大手荷主と協業しているので仕事先の紹介などサポート体制があり、相談できるので心強いのもメリットです。

業務用の軽バンリースに強い

カーリース各社の契約内容の比較

下の表がカーリース各社の契約内容になります。
(プランによって費用は変わってきますが、表中の契約年数を例として表記しています)

スクロールできます
GMSリース
新車:¥54,780〜
中古:¥39,600〜
オリックスカーリース
中古:¥13,200〜
ニコニコカーリース
中古:¥14,630〜
契約期間3年6年7年
車両代
登録手数料
黒ナンバー登録も無料
車検費用
登録時のみ

登録時のみ

契約期間中
重量税
2年間分

リース期間

リース期間
自賠責保険料
2年間分

リース期間

リース期間
任意保険
リース期間
××
契約終了後の車の権利残価支払いでもらえる
新車:22万円
中古:5.5万円
契約終了時でもらえる契約終了時でもらえる

上記のリース会社の比較で、契約年数や内容によって違ってくるので単純に比較できませんが、一番大きな違いは任意保険が含まれているかです

リースはプランや会社によって含まれるサービスや契約期間が違ってくるので、トータルでのコストやサポート体制など総合的に判断する必要が出てきますね。

任意保険加入は必須になってくる

例えばアマゾンフレックスで仕事をするには任意保険の加入が必須になっています。(対物1億円以上、対人無制限の補償が必要)
もし事故などのトラブルが発生した時に、自賠責保険ではカバーできない部分の補償になります。
リース会社やプランによってリース料金に任意保険料金が含まれているかは確認が必要ですね。
任意保険が料金に含まれていない場合、個人で保険に加入することになります。

黒ナンバー車は仕事で使う為に任意保険料が一般使用の車に比べて高くなってきます。
任意保険料は月々1万円〜2万円ほどになってきます

上記でみたオリックスカーリースやニコニコカーリースの場合月々プラス1万円〜2万円ほど別途費用としての支払いが発生します。仮に任意保険に月2万円ほどかかるとすると、リース料金と合わせて3万円台になってきます。
GMSリースだと任意保険料金がリース料金に含まれているので加入する手間ははぶけます。

人不足とは言え、仕事の定員数に限りはあるのでスピード感も大切。

配送の仕事は人手不足とは言えアマゾンフレックスのような自由に働けて、収入もある程度見込める働き方に魅力を感じる人は増えています。
配送ステーションごとの定員数もあるので、仕事をするには早めに早めに行動していくことが必要になってきます

働く時間をコントロールすることで得られる自分らしい人生を

個人として事業を始めるのはいささか難しく考えがちですが、スマホの登場で個人でも自由に働くことも簡単にできるようになりました。
会社に依存して猛烈に働くという昭和的な価値観は明らかに古くなっています。もちろん、会社で働くスタイルを好む人もいるでしょうが、選択肢が広がった今、自分自身にあった生き方ができるのは歓迎すべきことですよね。

個人配送の仕事は初期費用のハードルが低く、軽バンさえあれば始めやすいお仕事です。
仕事を始める上で車の手配から黒ナンバーの取得など、いろいろとサポートしてくれるGMSリースも検討してみてはいかがでしょうか。

業務用の軽バンリースに強い

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる