【温泉!好展望!広々!】「舞子高原オートキャンプ場」ブヨ以外は最高だった。

f:id:wane-hiro:20190904133245j:image

新潟県の南魚沼にある「舞子高原オートキャンプ場」に行ってきました。

新潟県と言ってもほぼ群馬県との県境ですね。

「まず何と言ってもキャンプ場へのアクセスがめっちゃいい!」

インターチェンジから直結と言ってもいいくらい。

関越道塩沢石打インターチェンジを降りてから車で3分。

「そして眺めが最高!」

スキー場を利用したサイトなので、眺めが良く広々芝生サイトは快適でした。

ただ、難敵はブヨでした・・・。

舞子高原オートキャンプ場を解説していきたいと思います。

目次

こんなキャンプ場

スキーのリゾート施設を利用したキャンプ場です。

なのでキャンプ場の受付がホテルの受付で、整いすぎてていつもと違う雰囲気に違和感ありでした。

f:id:wane-hiro:20190904135655j:image

スキー場の高いところまで上がって行ったところがサイトになっているので、見晴らしは抜群です。

スキー場なので山肌に高い木が少ないので開けていて開放感があります。

サイトまであがったまず第一声。 

「めっちゃ気持ちい~!」

今回はA4サイトを利用しました。

(トイレ、水場が近く眺めも良好)

日陰は少ない

開放感抜群のため、その反面日陰が少ないので、直射日光を浴びる羽目になると暑い・・・

タープが小さめだったので、そこは失敗だったかと。

坂道は勾配あるが、車なので問題なし

キャンプサイトには車で上がっていけて、サイト内に駐車できるオートキャプ場なのでさほど手間はかかりません。

スキー場なので下から歩きで上がろうと思うと結構距離と勾配があるのでしんどいです。

「高校の時の部活の合宿を思い出しました・・・。」

「斜面を走らさせられた嫌な思い出がフラッシュバック・・・。」

キャンプ場情報

オートキャンプサイト

サイトは区画サイトで、車の横づけが可能です。

f:id:wane-hiro:20190904133519j:image

舞子高原ホテルで受付を済ませ、車でキャンプサイトまで上がっていきます。

まずホテルへ行き受付

f:id:wane-hiro:20190904133634j:image

こちらのホテルへ入る
f:id:wane-hiro:20190904133638j:image

f:id:wane-hiro:20190904133641j:image

受付を済ませたらキャンプサイトへ。

くるま一台分の道幅のみちを上がっていきます。

サイトはとても広く、ツールームテントなら2張り~3張り立てられるくらいあります。

サイトにより少し違ってきますが、15m×15mが基本で、全体的に広めの設定になっています

f:id:wane-hiro:20190904134829j:image

(こちらはA-4サイト テントはロゴスのツールームテント)

2台目からは追加料金が発生しますが、車も2台まで止められます。

(もっと止められますが、キャンプ場の案内に2台までとなっています)

グループキャンプをする場合は2サイトにするか迷うところだと思いますが、

案外1サイトでもいけると思います。

人数と規模によりますが。

グランピングサイトもあり

他にグランピングサイトもあり、ベルテントが常設してあります。

広いウッドデッキの上に立てられたベルテントと、テラスが豪華な雰囲気を醸し出してます。

f:id:wane-hiro:20190904142005j:plain

出典:舞子リゾートホームページより

グランピングサイトは、オートキャンプサイトから少し離れた一角にあるので、干渉することはないです。

アクティビティもあり子供連れでも色々と遊ぶことができます。

  • ツリーハウス
  • グラウンドゴルフ
  • ドローンフィールド
  • 体験工房
  • ディスクゴルフパーク
  • BBQガーデン  

アクセス

なんといてもアクセスの良さが抜群です!

関越道塩沢石打インターチェンジの出口を出たら、

そのまま直進し道にそって走って3分で着いちゃいます。

迷うことはほぼないですね。

近くにスーパーやコンビニもあり、現地に着いてから買い物してもいいと思います。

料金

サイト利用料

1サイト¥3500(土曜日と特定日は¥4500)

*サイト利用料に車一台分の駐車料が含まれます。

入場料

  • 大人(一人につき) ¥1000
  • 小学生(一人につき) ¥500
  • 未就学児 無料

アーリーチェックイン(9:00から入場可能、前日利用者がいない場合に限る)

  • 1サイトにつき ¥2500

車追加料金

  • 1台 ¥2000 (1サイトに車の駐車は最大2台まで)

バイクで行ってのグループキャンプに混ざった感じですが、バイクの駐車は追加料金なしでサイト内にとめさせてくれました。

設備

【水場】

キャンプ場内に一箇所あります。

温水が出る蛇口もあります。

建物の中なので雨風の心配もありません。

この建屋内に水場とトイレがあります。

f:id:wane-hiro:20190904135247j:image

きれいに管理されてます
f:id:wane-hiro:20190904135251j:image

温水が出る蛇口あり
f:id:wane-hiro:20190904135244j:image

【トイレ】

トイレはキャンプ場内に2箇所あります。

キャンプ場上部のエリア向けに一箇所

キャンプ場下部のエリア向けに一箇所(簡易トイレ)

トイレ及び水場から離れたサイトだと、勾配のある坂を歩くはめになります。

Bサイトの上の方だと少し距離があります。

受付まで降りれば、ホテルのトイレも利用できます。

キャンプ場上部のトイレはさほど新しい施設ではありませんでしたが、

清掃は行き届いてい問題はありません。

扉を入ると中で男子トイレ、女子トイレは分かれてます。

f:id:wane-hiro:20190904135433j:image
f:id:wane-hiro:20190904135443j:image
f:id:wane-hiro:20190904135438j:image

【温泉】

嬉しいことにホテルの日帰り温泉が利用できます。

しかもキャンプ場利用者は割引があります。

温泉料金
  • 大人 ¥500(通常価格は¥1,000)
  • 子供(3歳〜小学生) ¥350(通常価格は¥600)

*フェイルタオルが付いてきます。

*シャンプー、ボディーソープは備え付けがあります。

規模はさほど大きくないですが、設備が綺麗で、ゆっくりできるお風呂でした。

【管理棟】

舞子高原ホテルのロビーにある受付で受付を済ませます。

ロビーにキャンプ道具や遊び道具が少し販売してありました。

薪や炭など購入が可能です。

f:id:wane-hiro:20190904135616j:image
f:id:wane-hiro:20190904135610j:image

販売価格

  • 薪(杉):¥700
  • 炭(2~3人用):¥600

杉で¥700は若干高いかなと思いました。

ロケーション

南魚平野の街並みを見下ろすことができ、

正面には山々が連なった景色が広がります。

だいぶ開放感があり眺めがいいと言えますね。

空も非常に広くて清々しい!

夜景も見ることができます。

展望系のキャンプ場です。

f:id:wane-hiro:20190904133306j:image

おすすめロケーションサイト

f:id:wane-hiro:20190904204104j:plain

出典 舞子リゾートホームページより

サイト別のロケーションのコメント

  • A1 遮るものがほぼ無くて舞子平野を一望できる。トイレ、水場にも近め。
  • A2 遮るものがほぼ無くて舞子平野を一望できる。トイレ、水場にも近め。
  • A4 遮るものが少なく舞子平野の眺望がまずまずいい。トイレ、水場がとても近い 
  • B3 遮るものが少なく舞子平野を一望できる。トイレ、水場は少し遠い。
  • B4 一番の高台で見下ろす景色がいい。しかし、小さく電柱が視野に入ってしまう。トイレ、水場は遠いのと勾配ある坂がある。
  • B5 一番の高台で見下ろす景色がいい。しかし、小さく電柱が視野に入ってしまう。トイレ、水場は遠いのと勾配ある坂がある。
  • B6 一番の高台で見下ろす景色がいい。しかし、小さく電柱が視野に入ってしまう。トイレ、水場は遠いのと勾配ある坂がある。

景色というロケーションにこだわればA1、A2、B3あたりがベストだと思います。

高台のBサイトが良さげですが、サイトによっては電柱だったり、うっそうとした茂みが邪魔をしてたりします。

B1.B2サイトは見晴らしがいいはずですが、前方に茂みや木が生えてて、視界が少し遮られます。

f:id:wane-hiro:20190904135937j:image
f:id:wane-hiro:20190904135928j:image

見晴らしはいいけど、B7.B8.B9サイト前方に大きな電柱あり


f:id:wane-hiro:20190904135923j:image

グラウンド状態

綺麗な上質な芝生で気持ちいいです。

スキー場なので斜面にあるキャンプ場ですが、

基本的にはサイトは傾斜が少なく平らで快適でした。

場所によっては多少傾斜がありましたが、気になるほどではないと思います。

芝生の上であれば、コットがなくても寝づらいようなことはないでしょう。

地面へのペグの刺さりは良好です。

ペグを刺しこむと、地面は粘り気のある感じで、そう簡単には抜けない印象でした。

ある程度の風なら安心できそうです。

ゴミ捨て

ゴミ捨て可能です。

トイレと水場がある小屋にゴミ捨て場があります。

  • 可燃ごみ
  • ビン
  • ペットボトル
  • ガス管、スプレー缶
  • 焚火の燃えカスおよび灰

など分別して捨てることができます

f:id:wane-hiro:20190904140538j:image

焚き火

直火は禁止。

焚き火台を使用すれば焚き火可能です。

木などの遮るものが少ないく、風が強く吹きやすい地形なので、

火の粉が周りに飛ぶ可能性があるので風には注意が必要です。

気になった点

  • 遮るものが少なく日差しが強い
  • ブヨがいる
  • 小さな羽根アリみたいなのが大量に食べ物の入った食器の中に飛び込んできた
  • サイトによっては電線や電柱などの人工物が視界に入ってしまう
  • 駐車料金が結構高い(2台目以降¥2000)
  • 高原とうたっているが、標高は400m程度

遮るものが少なく日差しが強い

大きめのタープで日陰を作りたい

ブヨがいる

ブヨが難敵でした。虫除けスプレーは必須。長袖長ズボンを着るなど虫除け対策が必要。

小さな羽根アリみたいなのが大量に食べ物の入った食器の中に飛び込んできた

光に集まって来ていたので、燃料系ランタンを少し離れた場所に設置する。

サイトによっては電線や電柱などの人工物が視界に入ってしまう

B7、B8サイトの正面あたりに電柱があるのでそこは避ける。

駐車料金が結構高い(2台目以降¥2000)

なるべく乗り合いできた方が安上がりにできる。

高原とうたっているが、標高は400m程度

高原という期待はあまり持たない方がいい。けど夜間は冷えるので多めの上着は必要。

周辺情報

 《コンビニ》

  • ローソン 南魚沼関店 キャンプ場から3km

《スーパー》

  • はりまや 石打店 キャンプ場から4km

《酒屋》

  • はりまや酒のディスカウント店 石打店 キャンプ場から4km

 《ラーメン》

  • らーめんひぐま キャンプ場から3km

生姜しょうゆのスープが特有の新潟ラーメン。この生姜が効いたスープがクセなるんですよね。

醤油ラーメンがおすすめ。新潟に行くと食べたくなるラーメンなのでおすすめ!

最後に

広いゆったりサイト、ふかふかの芝生に、舞子平野の眺望、ロケーションが良くて、アクセスなどの利便性も良いキャンプ場でした。

グラウンドゴルフコースやディスクゴルフパークなどのアクティビティもあるので、ファミリーキャンプで連泊しても楽しめるキャンプ場です。

グランピングサイトがあるので手ぶらキャンプも可能で、キャンプ初心者も楽しめる充実キャンプ場です。

近くにあるらーめんヒグマもおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる