わねログ

キャンプなどのアウトドアが趣味でブログも趣味に!

【浅間パークフィールドオートキャンプ場】群馬、浅間山の、ふもとでまったりキャンプ!

f:id:wane-hiro:20190510215949j:image

浅間山のふもとにあるキャンプ 場「ASAMA Park Field」オートキャンプ場に行ってきました。

 

住所は群馬県ですが、長野県とほぼ県境にあります。

 

浅間園という施設のキャンプ場で、博物館や遊歩道があったり、また、瀟洒な軽井沢からも近く、キャンプ意外にも遊べる場所が近くに多々あります。

キャンプする前は色々やろうと思いを巡らせてはいても、結局はキャンプで一杯一杯になってしまうのですが・・・

 

 

 

こんなキャンプ場

  • 住所:〒377-1405 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢
  • 利用期間:4月中旬〜11月下旬(予定)
  • チェックイン/アウト:チェックイン13:00〜17:00 /チェックアウト〜12:00

 

何と言ってもこのキャンプ場の売りは浅間山です。

荒涼とした浅間山を目の前にしたキャンプサイトは、ロケーション的に好印象でした。

f:id:wane-hiro:20190510220150j:image

 

行くまでは富士山のふもとにある、「ふもとっぱらキャンプ場」のようなイメージを抱いていましたが、さすがにふもとっぱらキャンプ場のような広大さはなく、少しこじんまりとした印象です。(ふもとっぱらが広過ぎなだけで、狭いというわけではありません)

 

ゴールデンウィークの終わりに行きましたが、サイト面積の九割は埋まっていました。でもまだ少し余裕があり、サイトがきつきつという感じではありませんでした。

f:id:wane-hiro:20190510220435j:image

キャンプ場情報

サイトはとしては大きく分けて二つあります。

・開けている芝生のフリーサイト

林間のサイト

どちらも車を横付けできるオートサイトです。

 

芝生サイト

f:id:wane-hiro:20190510220413j:image

 

林間サイト

f:id:wane-hiro:20190510220931j:image

 

浅間山を眺めながらのキャンプであれば芝生のサイトを利用する方がいいです。

受付から離れた奥側の方が浅間山全体を視野に入れることができるのでオススメです

 

林間のサイトは傾斜地を整地していて、区画になっている感じです。

直火ができるサイトとウッドデッキのサイトもあります。

 

林間サイトは開けていないので、どうせなら浅間山を大きく眺められる芝生サイトでテントを張った方がいいと思います。 

 

料金

・【フリーサイト】(芝生、林間サイト)

 平日:¥1500(一人当たり)

 土日祝日:¥2000(一人当たり)

 車:¥2000(一台)

 バイク:¥500 (一台)

 ペット:¥500(一匹)

 

・【直火サイト】(区画サイト)

 フリーサイトの料金にプラス¥2000

 

・【ウッドデッキサイト】(区画サイト)

 フリーサイトの料金にプラス¥3000

 

設備

【水場】

キャンプ場内に一箇所あります。(別にもう一箇所水場の建物がありましたが蛇口がはずされていて使えませんでした。)

管理されていて食べかすなど少なく綺麗な印象です。

温水が出る蛇口が二つあり、重宝しました。

なぜなら水が冷たかった。

食器を洗ったりする場合朝方などだと温水の蛇口は順番待ちになるかもしれません。

f:id:wane-hiro:20190510221058j:image

 

【トイレ】

トイレも一箇所で、建物は新しくきれいでした。

トイレ内は土足からスリッパに履き替えなければいけないのが少し面倒でした。

トイレ内はこんな感じです。

f:id:wane-hiro:20190510221137j:image
f:id:wane-hiro:20190510221140j:image

トイレ&シャワーの建屋

f:id:wane-hiro:20190510221142j:image

 

【シャワー】

トイレと同じ建屋にシャワーがあります。

このシャワー、24時間使えて料金はなんと無料!

しっかりとしたシャワールームで汗を流すにはありがたいですね。

ただ、石鹸やシャンプーは備え付けられていないので持参しなければなりません

f:id:wane-hiro:20190510221345j:image
f:id:wane-hiro:20190510221342j:image

 

【管理棟】

薪、炭の販売、ビールやジャム、シングルバーナーなどちょっとしたキャンプ道具等も販売していました。

スタッフが18:00頃でいなくなってしまうので、必要なものはそれまでに入手しておく必要があります。

キャンプ場内に自動販売機がなかったので、飲み物等も必要であれば買っておく必要があるかと思います。

薪だけは管理棟の外に置かれていて、スタッフがいなくなった後でも使えるようになっています。薪を使った場合は翌朝清算になります。

f:id:wane-hiro:20190510221431j:image
f:id:wane-hiro:20190510221427j:image

 

ロケーション

浅間山を眺めてのロケーションはなかなかよかったです。

活火山の浅間山は荒涼とした景観で力強さを感じさせてくれます。

交通量は多くありませんが道路がキャンプ場のすぐ横を通っていますので、ガードレールや標識など多少人工物が目に入ってきます。

標高は1350m程、朝晩はそれなりに冷えるので防寒対策は考えておいた方がいいです。

(5月6日 晴れ 気温:朝方5°C 日中20°C) 

 

グラウンド状態

芝生サイトは所どころ芝がハゲているのでふかふかの芝といった感じではありませんが、たいらですし良好な感じです。

ただ、ペグを指すしていくと表層は簡単に刺さっていくのですが、その下に硬い層があります。溶岩の層なのか鍛造ペグを根気よく叩いていけば差し込めます。

 

ゴミ捨て

ゴミは分別して捨てることができます。

受付時にゴミ袋をもらえるので、その袋に燃えるゴミを入れて捨てられます。

燃えるゴミ、瓶、缶、炭の分別になります。 

f:id:wane-hiro:20190510221938j:image

焚き火

芝生サイト、林間サイト基本的には直火はNGです。(直火サイトもあるようです)

焚き火台を使用しましょう。

薪は¥600で販売していました。

針葉樹(おそらく杉)でした。

f:id:wane-hiro:20190510222111j:image

気になった点

キャンプ場についてまず受付を済ます必要があるのですが、受付の順番待ちが煩わしかったです。

チェックイン開始の13:00過ぎ頃にキャンプ場に着きましたが、入り口から進むとスタッフの方に誘導され車を列に並ばさせられます。

そしてこれがなかなか先に進まない・・・。

キャンプ場についてから受付にいたるまで15分くらいは掛かりました。

車を駐車スペースに止め、順番で呼ばれてから管理棟で受付を済ませます。

その後にゴミの出し方やトイレの場所などキャンプ場の説明を事細かくされます。

受付用の駐車スペースが少ないのと、キャンプ場の説明が事細かにされる為に時間が掛かるんですね。

週末や連休はチェックイン開始時間間際だと混み合うと思われるので覚悟しておいて方がいいです。

 

このように駐車スペースが少ない

f:id:wane-hiro:20190510222218j:image

周辺情報

 《コンビニ》

セブンイレブン 北軽井沢店 キャンプ場から7km

 

《スーパー》

スーパー大津 北軽井沢店 キャンプ場から7km

 

《温泉》

鬼押温泉 キャンプ場から7km

 

最後に

浅間山周辺は景色がよくて、その中でキャンプができるのはよかったですね。

テントを張る場所にもよりますが、浅間山を正面にしてくつろぐことができます。

閑静な軽井沢の街並みにも近いので、一泊では厳しいかもしれませんが、連泊する場合などには、このキャンプ場を拠点にして軽井沢へ遊びに行くことも可能です。

フリーサイトで車が横付けでき、設備も整備されていますので快適にキャンプできました。

チェックアウトの時間が12:00なので、朝は慌ただしくすることなく余裕を持って撤収できたのもよかったです。

ただ一つ気にかかったのは、受付で待たされるのだけもう少しなんとかしてくれれば・・・。