日本に古くから伝わる市松模様の「意味」「由来」

f:id:wane-hiro:20210404222505j:plain

最近、市松模様という言葉をよく聞くようになった気がします。

そもそも市松模様とは一体どんな模様なのでしょうか。

松に関する模様なのか?

ちょっと調べてみたら松は全然関係ありませんでした。

目次

市松模様はシンプルでいて縁起の良い柄だった

2色の四角形を交互に並べてできた柄を市松模様といいます。

これは日本の伝統的な模様の一つで、古くは古墳時代の埴輪の服の柄にもなっています。

古来よりある柄で、元来は「石畳」と称されていました。

市松模様(石畳)の柄には、途切れない、また、繰り返しという思いが込められていて、生命の繁栄を含み、子孫繁栄や事業の拡大という縁起の良い意味も含まれているそうです。

市松模様の市松とは人の名前だった。

市松模様と言われるようになったのは江戸時代に入ってからです。

江戸時代、歌舞伎は大衆にとって、とても人気のある娯楽でした。

その歌舞伎役者は大衆にとっての大スターであり、ファッションリーダーでもありました。

 そんな現代で言うトップアイドルのような存在だった歌舞伎役者。

その歌舞伎の世界で人気役者となった「佐野川市松」が着ていた袴の柄が、四角形を並べた格子の柄だったのです。

その格子柄も当初は古くからの言われである「石畳」と称されていました。

しかし、佐野川市松のシンボルであった、石畳の格子柄が流行となり、影響力が増すにしたがって次第に市松模様と言われるように変化していきました。

ちょっと分かりづらい例ですが、ベトナムではホンダのバイクの影響力が高すぎて、全てのバイク のことをホンダと言うようになってしまったことと似てますね。

今でもよく見る市松模様

鬼滅の刃の炭治郎の羽織の柄

鬼滅模型 竈門炭治郎 色分け済みプラモデル

大ヒットした鬼滅の刃の主人公、竈門炭治郎の羽織には緑と黒の市松模様があしらってあります。

炭治郎を象徴するようなひとつのシンボル的なものになっていますよね。

炭治郎の市松模様柄のマスクが人気になったりと影響力を発揮したりもしています。

鬼滅人気にあやかって「炭治郎模様」と呼ばれるようになることも、もしかしたらあるかもしれませんね。(ないかー)

ルイヴィトンのダミエ

[ルイ・ヴィトン] N62662 6連キーケース メンズ ダミエグラフィット ミュルティクレ6 [並行輸入品]

ハイエンドブランドであるルイヴィトンは日本の影響を受けたブランドであることは広く知られています。

モノグラムの柄は日本の家紋をモチーフにデザインされましたと言われていることは有名です。

モノグラムと双璧をなす人気のあるダミエというデザインは正方形が並んだ格子柄で、市松模様からの影響とも言われています。

シンプルであり洗練された印象を受けます。

日本の美的センスが世界に認められているようで少し嬉しくなりますね。

ただ、外国にもチェス盤の配色だったり、レースのゴールフラッグで使われるチェッカーフラッグなどチェッカー柄として存在しているものなので真意の程は不明なようです。

2020東京オリンピックのエンブレム

東京 2020 TMG 公式 オリンピック パラリンピック エンブレム コラボ ピンバッジ

2020東京オリンピックの公式エンブレムは市松模様をモチーフにデザインされました。

形の違う四角形を組み合わせて作られていて、市松模様と藍色単色が使われ、日本らしさが込められたデザインになっています。

最後に

市松模様そのものの柄は古墳時代の埴輪からあったように、古代からあったデザインです。しかし、現在も多くのものに市松模様が使われていて、どんなに時が経っても魅力的な印象を与えられるのはちょっと不思議ですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる