わねログ

キャンプなどのアウトドアが趣味でブログも趣味に!

スマホカメラと一眼レフ、使い勝手のメリットとデメリット。

f:id:wane-hiro:20190220222352j:image

「どう?俺が撮った写真いいでしょ?」

なんて聞いたらウザがられることになると思いますが、自分が撮ったお気に入りの写真って、内心「いいでしょ?」と思いながらSNSなんかに投稿して、反応を待ち焦がれたりしちゃいません?

 

何かあるごとにスマホやカメラを取り出し写真を撮るっていう習慣が当たり前になりました。

いい写真を撮りたいって願望はみなさんお持ちですよね。

 

いい写真を撮るには

いい道具(カメラ)でしょうか

いい腕でしょうか

 

はい、もちろん両方ですね。

 

腕はたくさん写真を撮ることが大切だと思います。 

 

今回は道具としてのカメラについて考えてみたいと思います。 

 

 

 

スマホのカメラは優秀

毎年スマホのカメラ機能が進化していて、綺麗に写真が取れるのはもう当たり前で、暗い場面でもしっかり映ったり、背景をぼかす機能が付いたりしています。

 

スマホのカメラでも十分楽しめるし、いつでもポケットやバッグからすぐに取り出して気軽にシャッターを押せるといった意味では、スマホのカメラはとても優秀だと思います。

 

写真を補正するアプリも充実しているので、不自由はないですよね。

 

一眼レフカメラってどうなの?

でもやっぱり、一眼レフカメラで撮る写真は少し違います。

 

画像を処理するセンサーが一眼レフカメラは大きいので高性能です。

高画質で撮れますし、暗い場面でも綺麗に撮れます。

被写体を浮きだたせるように背景をボケさせることもできます。

 

一眼レフカメラのメリット

機能が豊富です

  • 手ぶれ補正機能があるので失敗する確率が減ります。
  • 高性能なオートフォーカス機能により素早いピント合わせが可能です。
  • シャッタースピードを調整できるので、花火を綺麗に撮ったり、蛍の光の動きを写真にしたりできます。
  • 絞り(光の取込む量)を調整することで明るさを調節したり、ボケを作り出せたりもします。
  • 感度を調整して暗い場面でも、雰囲気ある写真を撮ることも可能です。
  • レンズ交換をすれば、それぞれのレンズの特性を生かした写真となります。

花火の写真

f:id:wane-hiro:20190220225733j:image

蛍の写真

f:id:wane-hiro:20190220230148j:plain

(今のスマホではこのような写真を撮ることはできません)

 

他にもたくさんの機能があるので、スマホと比べて自由度が高いのは間違いありません。

ただ、設定次第で全く違った写真が撮れてしまいますので、奥が深いと言えます。

 

とはいえ、一眼レフカメラにもオート機能があるので、設定がうまくできなければオートモードで撮れば、それはそれで綺麗な写真が撮れます。

 

色々と試しながらたくさんシャッターを押すことが大切ですね。

 

失敗できる

幸いなことに、デジタルカメラはどんなに失敗写真を残したとしても費用が発生するわけではありませんよね。フィルムのカメラだったら、失敗してしまうとフィルムが無駄になってしまいますので、一枚一枚シャッターを押すのに重みがありました。デジタルカメラでもたくさん写真を撮ればその分メモリーカードの容量を使い込んでしまいますが、簡単い消去することができるので、フィルムカメラとは多いに違います。

なのでシャッターを押しまくって、その中から気に入った写真をピックアップするというのも、作品作りの一つの方法です。

 

一眼レフカメラのデメリット

高性能で自由度が高い一眼レフカメラですが、デメリットをあげるとすると、まずは高価なことです。もちろん入門機からプロ仕様まで幅はとても広く、その価格についても大きな差がありますが、安い機種でも5万円前後からになります。

安い交換レンズでも2〜3万円はするので、数本買えばそれなりの金額になってきます。

写真を撮る機能が優れているとはいえ、それだけの金額を出すということは少しハードルが高いと言えるかもしれません。

 

本体が大きいというのもデメリットです。大きいと持ち運びに不便ですし、写真を撮るぞという意気込みがないとなかなかシャッターを押す機会を作れません。本体が大きくなればなるほどそうなります。

 

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼カメラは最近人気が高いです。

ミラーレス一眼の特徴はコンパクトであることです。一眼レフカメラのデメリットである大きなボディーをスリムにさせました。

 

ミラーレスはその名の通り鏡がないカメラです。

なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、一眼レフカメラにはボディーの中に鏡が入っていて、レンズから入ってきた映像を鏡を使ってファインダーに映していて実物を見ています。鏡が入っている分ボディーが大きくならざるをえないのです。

ミラーレス機の場合、レンズから入ってきた映像をミラーを通して見るのではなく電子的な映像に変換されて画面に映し出しています。

構造としてはライブを生で自分の目で見ているか、テレビ画面で見ているのかというような違いです。

 

さりげなさがいいミラーレス

ミラーレス機は軽量でコンパクトなので持ち運びが楽で、首にぶら下げていても違和感はさほどないように思います。一眼レフのごついカメラを持っていると、カメラやってます感が漂いますが、ミラーレス機だと違和感がないどころか、少しオシャレにも見えてくるようなところがあります。

ミラーレス機にも入門機からハイスペック機まで様々な機種がありますが、画質や機能的な部分で一眼レフに大きく劣るところはほとんどありません。

価格的にはミラーレスの入門機も5万円前後で購入可能です。

気軽に持ち運べるとシャッターを押す機会が増えます。ふとした瞬間の写真をすぐにスマホにwifiで転送しSNSに投稿することもできます。

映え写真を撮るにはミラーレスはちょうどいいカメラだと思います。今後も性能は向上していくだろうし、そうなるとカメラ市場の中でミラーレス機の存在がさらに増してくるのではないかと予想できます。

 

まとめ

いい写真を撮るとなるとやっぱりカメラもいいものを使う方がいいです。

気軽に使えて性能もかなり向上してきているミラーレス一眼カメラがオススメです。

写真はただ撮ってるだけではもったいないので、SNSや友達にどんどん発信してみんなに見てもらうと反応が返ってきたりで楽しいです。

カメラは入り込むと奥が深いですが、シャッターを押せば瞬時に自分の作品をアウトプットできるツールです。

ちょっと奮発してカメラを手に入れて写真を趣味にしてみるのはいかがでしょうか。